テンプレートの使い方

LGSとは、軽量形鋼(Light Guage Steel)の略で、それぞれ頭文字をとって【LGS】と呼んでいます。
軽鉄工事とは、LGS(亜鉛メッキ鋼板で出来た材料)を使用し、天井や壁を造作する工事のことです。昭和50年頃より以前は、天井・壁の造作は材木で大工さんが造作していましたが

軽防火の検査に通りやすい事。
工事のスピードが 大工仕事に比較して早い事。
その上 単価が安い事

で、現在ではほとんどの木工事から軽天工事に変わってきています。

軽天工事・軽鉄工事

仕入れ

峯村材木店では、公共施設、工場、店舗等を中心に施工をしております。

軽天工事、軽鉄工事(LGS工事)も当社におまかせ下さい。

 

主に下地材(軽鉄材等)に石膏ボードを張る工事で、おもに内装で壁や天井のクロス貼りや塗装の前工程作業で、下地となるものです。現在建築物の内装工事における壁・天井のほとんどが、この工法を使用しています。

石膏ボードとは、芯材に石膏を入れ、その両面と側面を紙で被覆した板を称し、耐火・防火・遮音性能を有しています。

下地材として使用する場合と、表面に化粧シートを張ってあるものは仕上げとして、どちらも壁・天井などに使われます。 そのほか、岩綿吸音板・珪酸カルシウム板・フレキシブルボード等も同様に使用されています。

ボード工事

製材

ボード工事の利点とは、

加工性、施工性がよい

防音、遮音性能に優れている

耐アレルギー性能に優れる。

ボードには、岩綿版、珪酸カルシュウム板(ケイカル)、化粧ボード(プリントボード)、フレキシブルボード(フレキ)、また、良く曲がる素材としてR壁などに使用する、FGボードやRGボードなどがあります。

 

おすすめ情報

建築関連の法人、個人の皆様、ぜひご相談下さい。

対応エリア [ 長野県・関東・中部・北陸 ]
飯田市,飯山市,伊那市,上田市,大町市,岡谷市,上伊那郡,上高井郡,上水内郡,木曽郡,北安曇郡,北佐久郡,北佐久郡,駒ヶ根市,小諸市,佐久市,塩尻市,下伊那,下高井郡,下水内郡栄村,須坂市,諏訪郡,諏訪市,小県郡,千曲市,茅野市,東御市,中野市,長野市,埴科郡,東筑摩郡,松本市,南安曇郡,南佐久郡,南佐久郡